データ保護シンプル 図形

データ損失のリスクを低減

IT環境の複雑さはシステム障害のリスクとなります。Arcserve UDPは、仮想・物理、クラウドが混在する環境であっても、簡単でシンプルにバックアップ運用が可能です。

では、そのバックアップをどのように実現するのでしょうか?

  • 混在環境を一元的に管理する統合コンソールでバックアップ運用全体のプラン
  • 継続的な増分バックアップと効率的な重複排除機能で高性能なバックアップ・リカバリ
  • ドラッグ&ドロップ操作の詳細レベルのリカバリと丸ごと復旧のベアメタルリカバリ
  • バックアップ運用からインスタントリカバリ、災害対策まで標準機能で拡張

無償トライアルダウンロード

データ保護機能グラフィック

バックアップ運用から災害対策まで、豊富な機能を要件に合わせてお使いいただけます。

サーバ単体での保護はもちろん、複数サーバの包括的な保護が可能で、 バックアップ環境全体に渡るデータの重複排除機能や、仮想環境も物理環境も同時に保護できる集中管理機能、 確実にデータとアプリケーションを利用できる状態に保つ遠隔地の仮想スタンバイ機能などあらゆるバックアップ/リカバリのニーズに対応できる豊富な機能を標準搭載しています。

以下の標準機能を提供しています:

目標復旧地点(RPO)と目標復旧時間(RTO)を確実に守ります

安心できるためのRPO、RTOのテストグラフィック

事業継続に重要なシステム、アプリケーションやデータの迅速な復旧が可能です。しかも、業務の中断やシステムへの影響は、最小限に抑えます。

Arcserve UDP を今すぐ導入しましょう。

  • 影響を最小限にする惨事復旧
  • 分かりやすいシステムリカバリレポート
  • 万が一を想定してスタンバイサーバを待機

仮想データバックアップアイコン

仮想サーバの保護

仮想、物理の混在環境でも一元的なバックアップ運用が可能です。

データバックアップ/リカバリソフトウェアアイコン

簡単操作のリストア

管理者不在の環境であっても、ドラッグ&ドラックの簡単リカバリが可能です。

データ重複排除アイコン

データの重複排除

保護対象とバックアップサーバでデータ量を削減する重複排除が可能です。

Arcserve Unified Data Protection

簡単な操作にもかかわらず、柔軟にバックアップ・リカバリ。
仮想化統合基盤のような複雑な混在環境にも最適なバックアップ運用が可能です。

製品の特長を3分間のビデオでご覧ください。

play video

Arcserve UDP を導入して課題を解決したお客様の声

作業所の開設期間は平均1年半から2年間。その後ファイルサーバも戻ってきて、また新規作業所に送りだします。Arcserve UDP はライセンス管理がしやすいので、運用面でも助かっています。

—清水建設株式会社 情報システム部 インフラ企画グループ グループ長 市橋 章宏氏

清水建設は年間1,200もの作業所が稼働しており、ファイルサーバの設置台数は約650台にも上る。図面や工事現場写真が参照できなければ業務が止まってしまう。

保存先のストレージの状況がすぐにわかるので、ディスクの増強など今後のストレージ拡張を計画的に実施することも可能になりました。

— 霧島酒造株式会社 管理本部 システム管理課 課長代理 渡辺 清氏

霧島酒造は、バックアップ対象サーバの拡大に伴って日々のバックアップデータも増加したことで、レプリケーションでデータセンターに転送するバックアップデータがネットワークに与える負荷も増え続けていました。
このため、転送データ容量の削減が急務でした。

データ保護システム業界動向 白書

最新のデータ保護技術

「コストの増大」と「複雑さへの対応」というバックアップ
運用の課題にどのように対応すればよいのでしょうか。
その回答をホワイトペーパーで解説します。

ダウンロード
ハイ・アベイラビリティソフトウェア白書

システム停止を最小化する

事業継続性確保に潜む10の落とし穴とはどういうもの
なのでしょうか。お手軽に導入できるハイ・アベイラビリティについて解説します。

ダウンロード

カタログセンター

Arcserve UDP の製品カタログ、プレゼンテーション、技術資料、お客様導入事例など各種資料を入手いただけます。

カタログセンターは、こちら
データ保護アプライアンスグラフィック

UDP Appliance

オールインワンのソフトウェアとハードウェア

Arcserve UDPのプレインストールで、箱を開いて15分で設置が完了

UDP Applianceの詳細は、こちら
ハイ・アベイラビリティデータ⇔ アイコン

ハイ・アベイラビリティ

24時間、365日、100% 常に業務を継続

万が一の際には、遠隔地の複製サーバに
瞬時にフェールオーバーが可能です。

詳細は、こちら

ニュースリリース

Exploding 6 Myths about High Availability
ArcserveのCEO、マイク・クレストがThe Channel CompanyのMidsize Enterprise Summit で中堅市場のトップエグゼクティブに認定
ドン・キホーテに、データ保護環境の統合を実現するArcserveのバックアップ専用アプライアンスを導入

最新のトピックス

  • arcserve_jp Arcserve Blog: よくある質問:Arcserve UDP 7300 Appliance ハードウェア仕様: Arcserve UDPをインストール済のバックアップサーバアプライアンス 「A... bit.ly/2dIqHsj #arcserve

  • arcserve_jp 【販売店様限定】明日から使える!仮想基盤のデータ管理対策 ご提案セミナー ~ 進化するハイパーコンバージドとバックアップ ~ 10/12(水)14:30~18:00 今話題のハイパーコンバージド。... fb.me/83MwAcg4M

  • arcserve_jp Arcserve Blog: Arcserve Replication/HA の初回の同期を早く終わらせる方法: 本日は WAN 越えで遠隔地にレプリケーションする際の、初回の同期時間を短くする... bit.ly/2cYjJxz #arcserve