データグラフィックの保護

事業継続性を確保するハイ・アベイラビリティ

ビジネスシステムやアプリケーションに障害が起きた時は、迅速な対応と復旧が不可欠です。予測不能なシステム停止のリスクを低減しましょう。


Arcserve Replication/High Availability なら、

  • ほぼリアルタイムに複製して、複製先は常に複製元と同期
  • WAN のような低帯域回線でもクラウド環境にでもデータを確実に転送
  • 迅速な遠隔地のサイトへの自動切り替え
  • システムやアプリケーションの停止時間を短縮
  • データの損失を防止
  • 目標復旧地点(RPO)と目標復旧時間(RTO)要求に対応

など、簡単、お手軽な災害対策が可能です。

無償トライアルダウンロード

業務継続/災害対策なら、Arcserve Replication/High Availability


災害発生時でも、遠隔地でシステムを復旧して運用を継続できます。

Arcserve Replication/High Availability には、以下の機能が標準で搭載されています:

  • 自動化実行可能なフェイルオーバー、フェールバック
  • システムを止めることなく復旧手順を確認できるテスト
  • リアルタイムでLANよびWAN越しにデータを複製
  • データベースの復旧にも使えるリワインド・テクノロジー
  • 最適な回線速度を計るアセスメントツール
  • 曜日や時間帯でネットワークの帯域幅を調整
  • 仮想環境やアプリケーション用のシナリオ
  • GUIベースの使い易い管理コンソール

Arcserve Replication/High Availability は、柔軟な構成で利用可能です:

  • 1:1の構成、1:Nの構成、N:1の構成
  • 1:1:1(多階層)の構成
  • シングルサーバの構成
データ保護システム業界動向 白書

最新のデータ保護技術

「コストの増大」と「複雑さへの対応」というバックアップ
運用の課題にどのように対応すればよいのでしょうか。
その回答をホワイトペーパーで解説します。

ダウンロード
ハイ・アベイラビリティソフトウェア白書

システム停止を最小化する

事業継続性確保に潜む10の落とし穴とはどういうもの
なのでしょうか。お手軽に導入できるハイ・アベイラビリティについて解説します。

ダウンロード

カタログセンター

Arcserve UDP の製品カタログ、プレゼンテーション、技術資料、お客様導入事例など各種資料を入手いただけます。

カタログセンターは、こちら

Arcserve シリーズ

簡単な操作にもかかわらず、柔軟にバックアップ・リカバリ。
仮想化統合基盤のような複雑な混在環境にも最適なバックアップ運用が可能です。

製品の特長を3分間のビデオでご覧ください。

play video
Arcserve データ保護アプライアンス

UDP Appliance

オールインワンのソフトウェアとハードウェア

Arcserve UDPのプレインストールで、箱を開いて15分で設置が完了

UDP Applianceの詳細は、こちら
クラウドバックアップアイコン

Arcserve + クラウド

代表的なクラウドサービスはもちろん、
国内の各種クラウドサービスに対応しています。

詳細は、こちら

ニュースリリース

Info: Arcserve UDP 7300 Appliance電源ユニットの仕様変更のご案内
日本製鋼所 横浜製作所が、迅速なBCP体制の確立を目指し、Arcserve UDPを採用
Arcserve が、2017年にデータ保護を変化させる5つの予測を発表

最新のトピックス