仮想化バックアップグラフィック

仮想化環境のバックアップを最新に保てていますか?

ITインフラに仮想化環境を構築するのは複雑な作業です。その複雑な作業の先には大きな見返りがあります。

しかし、その構築された仮想化サーバのバックアップがきちんと取れていなければ、構築した労力が無題になってしまいます。

確実で安心のバックアップを導入しましょう。

無償トライアルダウンロード

包括的仮想サーバのバックアップアプローチグラフィック

仮想サーバのバックアップに包括的なアプローチをとることでさらに保護を頑丈に

仮想サーバのバックアップを Arcserve Unified Data Protectionに統合することで、単一のソリューションで物理・仮想サーバ環境を保護することが可能になります。

ポイントソリューションから単一ソリューションにすることで管理の複雑さと導入・運用コストの削減に繋がります。

Arcserve UDPは以下の機能を提供します:

  • 仮想環境も物理環境同様に、簡単丸ごとバックアップ、丸ごと復旧
  • 各仮想マシンにインストールする必要のないエージェントレスで、VMwareホスト環境のすべての仮想マシンの一括バックアップ
  • 主な仮想環境に対応: VMware, Hyper-V, XenServer, RedHat KVM
  • エンタープライズハードウェアスナップショット機能による高パフォーマンスであり、かつ仮想・物理サーバーへの影響の少ないスナップショットの実現

さらに次のような機能も提供します:

  • システムが機能停止した場合に即座に復旧できるように、各復旧ポイントが自動的にハイパーバイザに登録されますので、仮想サーバへのフェールオーバーが可能。
  • Amazon Web ServicesやMicrosoft Azure、富士通グローバルクラウドなどの主要なパブリッククラウドと統合するため、ローカルのバックアップデータを自動的にクラウドに保管することが可能。
  • Arcserve Replicationと統合によって、遠隔地にバックアップデータを保護することが可能。
  • Arcserve High Availabilityとの統合によって、本番サーバに不測の事態が発生した場合は、複製サーバに簡単に切り替えることができるので、システムを停止することなく、業務継続が可能。

仮想環境のバックアップはArcserveにお任せください。

Arcserve Unified Data Protection

ITシステム管理を支える仮想・物理サーバのバックアップソリューション

3分のデモビデオをご覧ください。

play video
Arcserve データ保護アプライアンス

UDP Appliance

設置して起動するだけのハードウェアとソフトウェアが一つになったバックアップ専用アプライアンス製品。

誰でもわかる、シンプルでわかりやすい企業クラスのバックアップ/リカバリソリューションです。

UDP Applianceの詳細は、こちら

カタログセンター

最新のカタログ、技術情報、導入事例など豊富な情報をご覧ください。

カタログセンターは、こちら