メールサーバの負荷とコストを削減しながら、コンプライアンスに対応して、企業リスクを低減

Arcserve UDP Archiving なら、ビジネスに必要不可欠なメールをオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのいずれにも長期保管することで法規制やコンプライアンスに対応できます。

無償トライアル

Arcserve UDP Archiving は最適なソリューションです

メールは今日のビジネスに欠くことのできない重要なコミュニケーションツールのひとつとなっており、企業の機密情報の多くがメールシステムに格納されています。このため、コンプライアンスに対応して企業リスクを低減するためには、メールをメールサーバとは別に、一定期間保持し、監査や開示要求の際に迅速に取り出せる必要があります。

Arcserve UDP Archiving なら、法規制やコンプライアンスへの違反といった課題を解決できる、シンプルで柔軟なメールのライフサイクル管理を実現し、同時にメールシステムのストレージや管理コストの削減を可能にします。

Arcserve UDP Archiving は、Microsoft Exchange、Microsoft Office 365 メールシステムに対応し、保管先を、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのいずれにも選択が可能です。マルチテナント対応のため、サービスとしても活用いただけます:

送受信されたメールは、すべて暗号化し、変更不可能な記録として取り込み、保管します
法的証拠開示やコンプライアンス監査の際には、メールを迅速かつ正確に検索して、必要に応じてエクスポートします
保存期間終了後は、メールレコードを自動的に削除してライフサイクル管理を簡素化します
メールサーバの容量を削減し、パフォーマンスを向上させることで時間とコストを節約します
除外、保留、廃棄ポリシーを設定することで、メール保管のライフサイクルを管理できます

Arcserve UDP Archiving で、メールの保護を強化して、企業リスクを低減

マルチテナント対応

複数の部門や拠点に分散した企業でも簡単に管理でき、サービスプロバイダはお客様にサービスとして提供できます。

柔軟なメール検索

シンプルかつ柔軟な検索、タグ付け、法的証拠開示要求や規制監査のために検索結果を保存し、分析を容易にします。

監査レポート

各種ログと役割ベースのアクセス制御で、保管されたメールを安全に管理し、コンプライアンス要求を満たす監査レポートを作成します。

製品カタログ

機密メールの保持

メールへの不正行為を無くし、証拠保全することで法規制やコンプライアンスに対応できます。

その他の資料

Info:Arcserve Unified Data Protection v6.5 Update2 リリースのご案内
国際基督教大学の仮想化システム基盤構築を「Arcserve UDP 7300 Appliance」が支援
Info: 新製品『Arcserve UDP Archiving v6.0』リリースのご案内